・本サイトのご利用案内はこちら会員登録 / ログイン後、投げ銭、コメントなど機能はご利用頂けます。

・配信画面右上のチャットボタンからライブチャットが参加できます。チャット機能はPC端末のみご利用可能です。

​・​本配信は終了いたしました。

 2020.06.12  |  20:00 - 
Marty Holoubek trio Streaming at MoonRomantic Channel
 CHARGE | FREE
----

母国オーストラリアでは様々な有名アーティストとの共演、​現在ムジカピッコリーノでレギュラー出演を務めるオーストラリア出身のベーシスト、Marty Holoubekが、ブルックリン出身のピアニストのDavid Bryant (デイビッドブライアント) と多作な作曲家・ドラマー・マルチ奏者の石若駿という超強力メンバーを迎えての配信ライブに登場!

無料配信になりますので何卒お見逃しなく!

★★★ 投げ銭ご利用案内 ★★★

投げ銭は500円〜2000円のボタンを押してご購入ください。

もしくは右の「もっと」ボタンを押して頂くと、

一口500円で数を指定してご購入頂くことも可能です。 

Marty Holoubek (マーティー・ホロベック)は音楽家・DJ・役者として、早くも世界的な音楽シーンで地位を確立しつつある。南オーストラリア州のアデレード出身であり、学士号を音楽学校Elder Conservatoriumで取得したが、ホロベックは在学中から既にオーストラリアのシーンにおいて欠かせない存在となっていた。権威ある受賞歴を誇るサックス奏者Daniel Clohesyとアルバム『Cactus』を2010年に共同リリース後、メルボルンに活動拠点を移して間も無くメルボルンのアーティストとの関わりを深めいく。James Morris、Paul Grabowsky、Jamie Oehlers、Scott Tinkler、David Campbell、Tony Gouldなどオーストラリアを代表するアーティストに加え、Dave Douglas、Kenny Werner、Lulo Reindhart、Leroy Jonesなど多くの国外アーティストと演奏や制作をしてきた。

メルボルンのモナシュ大学では最優秀学生として評価された。

 

『Sex on Toast』や『The Lagerphones』等のバンドのレギュラーメンバーとして世界中をツアーし、多くの国外アーティストとのコラボレーション・演奏を重ねてきた。拠点を東京に移してからはToku、ジム・オルーク、石橋英子といったアーティスト達と演奏をしている。

現在NHK・Eテレの教育テレビ番組ムジカ・ピッコリーノで長岡亮介やオカモトショウらと共にレギュラーメンバーとして出演しており、多くのNHK主催のイベントでオーストラリア代表として出演もしている。

2019年には彼のバンド『SMTK』で東京ジャズフェスティバルに出演し、トリオ編成で岩手ジャズフェスティバルに出演、さらに鹿児島ジャズフェスティバルでは世界トップクラスのピアニスト、Taylor Eigstiと共にフィーチャーされた。

 

ホロベックのリーダーとしてのデビューアルバム『Trio I』は、過去5年間に渡って彼がオーストラリアと日本を行き来しインスパイアされて書き上げたオリジナル曲を通して、ジャズコミュニティーの架け橋を作ることを試みた作品である。

この作品では、おそらく世界的に見て今最も求められているミュージシャン2人をフィーチャーしている。 素晴らしいピアニスト・作曲家・ビートメーカーのJames Bowers (ジェームス・バウワーズ) と多作な作曲家・ドラマー・マルチ奏者の石若駿が参加している。

この組み合わせによって作り出された今回のアルバムは、聴く人にとって刺激的な音楽の旅となり、オーストラリアと日本のジャズの世界観が体験できる。

  • kindpng_4542093_edited_edited
  • kindpng_4649475_edited
  • ブラックFacebookのアイコン
  • ブラックTwitterのアイコン
  • 黒のYouTubeアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • ブラックSpotifyはアイコン
70939582_693417567807048_379646598543992

青山 月見ル君想フ | MoonRomantic

EMAIL | info@moonromantic.com

TEL | 03-5474-8115

www.moonromantic.com

​東京都港区南青山4-9-1 B1F

copyright since 2020